« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月20日 (火)

ラズパイ 実用化第1号を設置した

温度測定は本来温度センサーをAD(アナログ・デジタル)変換すべきだが簡単に実現できるハードウェアがない。
簡単に使える方法として、温度計を撮影する。

観測目的は水道の凍結温度に達するかどうか。何時ころ一番温度が下がるか。これらを知りたい。だからデータをグラフ化したりはしないので取り合えず十分。

設置時にはパソコンは必須で、画角を調整したり、時計を設定して動作確認。メモリはUSBの16GByte。
どこまで期待に答えてくれるだろうか。

次はADコンバータ INA226 でも使ってみたい。
車載用も考え中。

ラズパイは面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

ラズパイ 実用化第1号

昨年、FreeBSD+mencoder+webカメラ+古いパソコン+デジタル温度計+USBのLEDライトで行ったが、いくつかの問題点があった。
・100円のLEDライトは連続点灯で3ヶ月もたなかった。(LEDがなければ夜観測できない)
・古いパソコンでmencoderを起動するとフル稼働になってしまい、消費電力が大きい。

ラズパイを入手したことで新しい方法を探っていた。

今度は、ラズパイ+usbメモリ+webカメラ+LEDライト+ラズパイのコネコタとUSBソケットをトランジスタでつないだ自作ケーブル

motionを使えば、1時間に一回のスナップショットが撮れる。
又スナップショットのタイミングでLEDライトをONすれば耐久性は問題ない。
夜暗い時、ライトが点灯するとmotionも起動するはず。

手持ちのパーツでケーブル作成。rc.localでgpio初期化
ライトは秒数を引数にした点灯スクリプトをcronで起動

単純明解だがwebカメラで問題があった。

FreeBSD・mencoderの時はELECOMのUCAM-DLN130Tが使いやすかったが、今回の動作では暗い状態でライト点灯時に画像が乱れた。(細かい設定は行っていない)
前回使いずらかった、BSW13Kが調子いい。

あと一歩。取り付けとカメラ位置、画像の確認等、HDMIが使えないので確認が大変


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

ラズパイ バックアップ

時間をかけてセットアップしたSDカードが一瞬でクラッシュするのはとても悲しい。

FreeBSDの dd で書き込んだのだから、piのSDを dd で保存すれば良いのでは。

早速、dd if=/dev/da0 of=/var/tmp/pi.img bs=16m でFreeBSDのHDに書き込んだ。 
次に ifとofを逆にして別のSDに書き込み。timeをつけて時間を測ったら8GのSDで11分ほどだった。

新しいコピーSDをpiに取り付け、起動はok。

日々のバックアップ(スクリプト)はpiにつけたusbメモリ。そして時々FreeBSDマシンにまるごとバックアップ。
これでチョット安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

ラズパイ クラッシュ

motionで画像を撮り、usbメモリと他のサーバに転送して、ファイルを消去する。

logrotateもうまく動作し最終テスト直前のころ。
rebootしたら立ち上がらなかった。何度か試すがだめで、モニタを接続し見ているとbootの途中で画面が止まりチラチラする。

RASPBIANの再インストールをすることに。幸い作ったスクリプトと/etcはusbにバックアップしている。

RASPBIANのバージョンが変わっていたのでしばしダウンロード。FreeBSDのddで書き込み。
jpキーボド設定でもたつき、何とか復旧。よそのweblogで電源落としたらクラッシュの記事があったりする。

gpioにつけたrun-ledとhalt-swを使っているがrebootでクラッシュしたらたまらない。
なにかがあったのか?(電源usbのコネクタ不良で最悪とか?)

FreeBSDもダウンロードし書き込んだSDカードですんなり起動する。でも・・・・スクリプトでgpioが使えないとあまり意味が無いなあ。

A+も入手したけど、実用化にはもう少し時間が必要だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

初投げ

初投げはダウンレーンマームのあるレーンで。

いつもはオイリーなレーンと思っていたが、とてもドライ。ダウンレーンマークの外側を通ってポケットに入るが10pin残りが多い。1ゲームで4連続計5回には参った。

遅すぎるレーンに対応できない。今年は克服したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

FreeBSD 10.1

予備サーバが突然動作しなくなった。再起動したが1日持たずに動作停止。ASUSのMini-ITXボードjJ800を購入。

うまくusbブートができない。やむおえずサーポトセンターで見てもらうがbootせず。4コアも興味があったのでJ1900I-Cにアップグレード。bios設定を変更してやっとbootした。32Bitから64Bit4コアはかなりのオーバスペックとなった。

ASUSのJ1800はwindows8しか使えないの??!!。Win8は目の前でbootしてた。

 
FreeBSDは10.1 
・httpd-2.2.29とphp-5.6.4のソースからのコンパイルはgcc48・phpのソースの手直しは不要。
・スクリーンセーバーgreenの同期信号が停止しない。運用開始時にはモニタは無しとなるのだが、あまりうれしくない。
・mencoderがpkgでinstallできるが動作不調。結局、portsで。
・motionがinstall出来るが、設定がよく分からない。ラズパイなら簡単でmencoderより使いやすいので変更したい。

このマザーボード(J1800)購入より2日後には1500円安くなっていた。うまく使うとお得。使えなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »