« カメラの表示はできたけど | トップページ | nfsではまった »

2013年12月26日 (木)

pwcsnapでスナップショット

pwcviewをインストールするとpwcsnapも同時に使えるようになる。

使い方は簡単で
pwcsnap -c 3
/tmpに3枚のjpegを作る。
カメラテストには最適で、とりあえずやってみる。時刻のjpgができた。
-o filename.jpg で出力を決定。

同一のfile名で -c n を」指定すると明るさの感度がよくなるようだ。

引退していた、初期ペンティアムの233MHz機をもう一度復活。
最後のお仕事として、無人の温度計を24時間とり続けてもらうことにした。
(動画は無理だった。)
ペンティアム4の2.66Gでは動画カメラ3台記録も可能なのだが、カメラが入れ替わってしまう問題がまだ解決できていない。
入れ替わりのリスクを避けるため静止画の3カメを分離することにした。

これで1日の温度変化を見て、水道の凍結防止対策の役立てたい。


XPのサポート停止に伴いP4クラスのXP機が中古でたくさん出てきそう。
用途を限定すればまだまだ活躍できる。
引退させるのはかわいそうだ。


|

« カメラの表示はできたけど | トップページ | nfsではまった »

FreeBSD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: pwcsnapでスナップショット:

« カメラの表示はできたけど | トップページ | nfsではまった »