« pwcsnapでスナップショット | トップページ | \100ショップのLEDライト »

2013年12月29日 (日)

nfsではまった

nfsは以前にテストして簡単できていた。

静止画マシンと動画マシンをnfsで使おうと思いテストを始めたがうまくゆかない。
以前の記憶はすでにない、

どうやらexportsの書式でエラーしているようだ。
/home hogehoge  

webで探すも「portmap」時代の記事で「rpcbind」で書かれた記事が少なく疑心暗鬼がいっぱい。

で、理由は[/home]はだめで[/usr/home]にしたらできた。

/homeは /usr/home であることは当然理解しているし、ふつうにインストールしたら /usr/home は/homeにリンクされているので、サンプルやサイトの例をうのみにしてしまったのである。

よい子の皆さん、nfsの/homeは/usr/homeと書かなければいけません。


FreeBSD 9.2 の話です。

sysinstall でserverにチェックして
exportsに /usr/home hoge と書いて、reboot。
showmount -e で確認 hogeが表示されなければ 再度exports を修正
修正後はmauntd とするとpidが表示されるので
kill -HUP pid でよい cat何たら は正攻法だけど面倒。 cat何たらで使う[バッククォート]が初心者には難しいので。


/etc/hots にクライアントhogeのipアドレスを X.X.X.X hoge と書いてreboot でrc.confを有効に。
ping hoge で回線テストしてokなら、サーバーはお仕舞。


クライアントはsysinstallでクライアントを選んで、reboot したら、
showmount -e サーバー名でhogeを確認

mkdir /何たら で空ディレクトリを確保して
mount サーバー名:/usr/home /何たら  でmountする

df で 何たら が表示されたら 接続完了。

サンプルは /usr/home にして欲しい。 
英文manを眺めても、日本語のmanを読んでも理解しがたいことが多いので。

思い出した。
以前は目的がなく /usr/ports をexports したので、すんなり出来たのだ。
○ッソ。 思い出したら余計にイラつく。

|

« pwcsnapでスナップショット | トップページ | \100ショップのLEDライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: nfsではまった:

« pwcsnapでスナップショット | トップページ | \100ショップのLEDライト »