« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

2台のサーバーを切り替える

2台のサーバーは数100km離れた所にあるので物理的な(線の)繋ぎ換えを行うわけではない。


・通常時は1日数回(4回)メインからミラーにデータ転送を行う。
・ミラーは7分に一回メインの作動を確認し、通信異常があったら[gdipc.pl]でDDNSの書き換えを行う。
・ミラーからメインへの切り替えは今のところ、手動でスクリプトを実行する。

なかなか巧いシステムが出来たと一人悦に入っている。
ただ、メインの不調はVDSLモデムの不調が原因で、新品と交換したのでこのシステムがテスト以外で動作するのは何時だろうか?

興味が有る方には公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

FreeBSD

linuxに押されっぱなしのFreeBSDですが、注目され始めているとか。(とある雑誌の記事)
軽く考えていたミラーサーバーえの転送ですが、結構てこずりました。

基本は1日数回[rsync]を使用して[cron]で自動転送。
キーボードでたたいて「これはいいや」と思ったものの、自動転送にはパスフレーズ問題がありました。
[ssh-agent]これも手作業には便利だけど自動実行には課題あり、まだ未解決。
[expect]netで調べるも、簡単ではなさそう。スクリプトを書いても手動では実行できるが[cron]ではうまくゆかない。
やはりネットにあるように「パスフレーズなし」じゃないとだめなのか。

「パスフレーズなしの鍵ペア」を作り転送、これで簡単接続、でも自動実行できない。
つまらないミスがあった。スクリプトに[rsync]のフルパスが通っていなかった。じぇじぇじぇ。

で、[expect]にもう一度挑戦、当然パスは修正。どうやらパスフレーズ認識はできた様子。終了がおかしい。
手動で行っていると最後に[・・・ speedup ・・・]のメッセ時がでるのでそれを待つようにしたらok。
自動実行も可能となったが、スクリプトの」中に「パスフレーズ」を書かなければならない。パスフレーズの意味なし。

文章にすると簡単だけど、意外と時間がかかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

サーバーを作る。

最終日:

メインからミラーへは1日2・3回rsyncで転送する。

メインサーバのチェック・wgetで小さなファイルを持ってくる。(pingは使っていない)
エラーを再確認したらgdipc.plでdnsを書き換え、ミラーがメインとなるようにIPアドレスの設定を行う。

ミラーの設定:ミラーのバーチャルドメインは、メインと同じく設定しServerAliasで違う名前を持つ。
通常時(メインが正常)はServerAlias名でアクセス出来る。dnsを書き換えた後はミラーが応答する。

メールは当面放置。メインが短時間で復旧する場合は再送を期待する。
メインの不調の原因は今のところVDSL回線不良が原因なので、メインが自身で回線復旧を確認したら自動で復帰させる。
(最近はモデムの電源off・onが必要だったりしている)

復旧まで数日かかるようなトラブル対策は次の課題とする。
(メールとログ)
おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

サーバーを作る

7日目:色々な設定

8日目:WEBデビュー。WEBサーバーは稼働して、http://XXXXX で表示されるようにならなければならない。
そのための設定。そしてミラーサーバー(メインをそっくりコピーしたもの)として動作するためのコピー。

これからは未経験の課題。
メインが不調になったら、どうやって自動で切り替えるか?
思いつく方法:ミラーがメインを監視して異常を発見したら、DNSの自動書き換えを行う。

次の課題:サーバーが切り替わったらメールはどうなるのか?

そして、サーバーを2台管理できると、自前DNSが可能になるか?

それにしても課題は尽きない。

アマチュアの限界を超えそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

サーバを作る

6日目:(日目は実時間ではない)メインのHD500GByteのインストール開始。
/:6G /var:50G /usr:200G その他:200Gの従来スタイル。
その他の部分は定期バックアップに使用予定。

portsでのインストールにはLANが動作している必要がある。したがってWEBで公開されている最新かその前後(公開されている最新より新しいものもあった)が自動でダウンロードされる。

apacheだけは手作業、あとはportsの予定で[apache][php]をインストール。apacheのhttpd.confにphpの行を追加。今までこの部分は手作業」で行ったことがなかったので戸惑う。

portsでphpをmakeすると多量にダウンロードしている。cpuが非力なのでコンパイルに時間はかかるがエラーはなく依存関係もすべて自動だ。テストインストールで散々苦労したのはなんだったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »