« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

てすと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

ブルイックラディ10

Cimg0181a

アイラモルトです。
第一印象は舌がピリピリ。46%です。
日を置いてのむと、いいな。ピートは強くない。
ストレートで飲む機会が多いと、トワイスアップが薄く感じるときがある。
でも46%はトワイスアップが最高。

これでアイラ島 7/8 制覇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

ダウンレーンマーク

ブランズウィックのプロレーンで投げて来ました。

結果は5ゲーム859 avrg171.4 max 212 min137。
ファウルラインに立つと、マークを4個確認できます。
10枚目40→43フィートのマークに注目しマークの右側を通してポケットに入ればストライクの確率は高いはず。
ほぼマーク上を通過した場合(マーク終端43ftから60cm奥)、入射角約3度でヒットします。

いつものように5枚目をまっすぐ、一番右のマークだけ注目してマークの右を通過したものの、あららヘッド外しで7pin。
速いのですべてアキュラインXで投球。

結局1ゲーム目9フレまではノーヘッド5回、ヘッドに当たったのは左にぶれた時で2ピンはすべて残り。
10フレーム目で、強制ターンで投球。XX7で終了137点。

自分の通常のリリースは、手の甲を右に向けダウンスイングからリリースまで動かしません。
今までブログに登場したA・K・Iのボウリング場では通用していましたが、ここCにあるプロレーンでは歯が立ちません。

自分の経験上ではヘビーオイリー・超速レーン。
メンテによるものか、プロレーンによるものかは分かりません。
終了後聞いてみると、メンテはよくやっていて、試合の時ではさらにオイリーにしたり、減らしたりしているとのこと。

2ゲーム目
9/ 9/ 9/ G/ 9/ x x x x 8/ 7 ガター付のノーミス?。ガターしたらノーミスじゃない?

その後159 180 171 で終了。

結論
マーク上か右を通過してポケット厚め(ヘッドピンがボールで9割隠れるくらい)はほぼストライク。
薄いと感じた時には、当然だめ。
ダウンレーンマークを常時練習に使えるのなら素晴らしいと思うが、まずオイリーなレーンを克服しないとこのボウリング場は辛い。

強制ターンを続けると腕に負担がかかるので、最後の5ゲーム目はスピードを落としてヒョイと投げる。
これでも、はまると良いようだがコントロールがいまいち。

回転不足・リリースの見直しが目的でダウンレーンマークに注目したのだが、結局は回転不足で攻略できない。

これから画像確認して検討します。できれば今月中にもう一度行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

投げ比べ

今日も比較と撮影
秒120コマで撮影。

レーンは昨日よりやや遅く、アンビシャス2もポケットに入りやすく1ゲーム。
「困ったちゃん」は2ゲームでストライク11個。マシンの「次のゲーム」ボタンを押し忘れ1フレームカウントされなかったので本当は12個。

3ゲーム合計571点。
「困ったちゃん」の名前は最後にしよう。

画像を見て、フッキングポイントを確認したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 6日 (月)

困ったちゃん名誉挽回

月一会を行うレーンをA、練習がK、そしてもう一か所をIとすると困ったちゃん「アキュラインX」をKとIで使って見た。

3レーンをオイルで比較するとAはドライKはAより少しだけオイリー、そしてIは以前よりオイリーだなと感じていた。

Kレーンで比較した時にはあまり違いは感じなく、ボールの違いはプロレベルの感性がなければ分からないのかと思ったが、
Iレーンで比較するとはっきり違いがわかった。

AやKで5枚目から気持ち外に出してもほとんど戻ってくるがIで外に出すとガター直行便になる。
「アンビシャス2」を5枚目で投げると1Pin外しが多かったが「アキュラインX」はちゃんとポケットに入ってくれる。

6ゲーム中最初の4ゲームは撮影したり、ボールを交換したりだったので最初3ゲーム合計が441、後半3ゲーム合計は551。
「困ったちゃん」名誉回復。
でも使い分けるほどの技量が身に付くかは疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

ドランブイ

ドランブイと言うウイスキーベースのリキュールがある。
度数40%だが、蜂蜜が原材料となっていて、とても濃厚であまい。
カクテル「ラスティネイル」に使用される。

最近気に入った飲み方がある。
ドランブイ 1 ウィスキー 1.5 残り 炭酸+氷

ドランブイは混ざりにくいので、炭酸を少し入れたところで数回ステアしてから残りの炭酸を注ぐ。

少し甘いが、ラスティネイルほどでなく、すっきり飲める。
また、かくはん少ないと飲むほどに微妙に甘さが変わって楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »