« さて次は | トップページ | 大地震 »

2011年3月10日 (木)

メールを稼働させる

 FreeBSDではsendmailは標準装備されている。
ただsendmailは設定が難解。間違うとなんでもありのスパム中継サーバになってしまう恐れがあったので、
スパム中継は行はないと言われるqmailを使っていた。
 ただ時々自分の能力では理解不能の状況に陥ることがあった。(ダメサバ缶)→サバ缶→サーバー管理者
北京オリンピックが終わった直後が凄かった。期間中は規制がかかっていて平穏だったが、終わった後にドドドときた。
「ナンジャこれ」状態

 qmailは開発が終わってしまっているので、違う選択肢もあり得る。もう一つのメールもあるのだが、標準装備に挑戦(大げさだが気分はその通り)。
郵便は郵便局が送りも受取もやってくれるが、senndomailクンは送りだけ。
受取はqpopperサンにお願いする。
qpopperサンはインストール一発okのいい人。
かつては悪者にされることもあったsendmailクンは、ガードが固くなっている。
どこが悪いの。悪いのは俺か。

 わがサバ君には、sabaという名前を付けている。ネットの世界ではsoom.jpというのは我が家の住所。だからsaba君はsaba.soom.jpが住所氏名。
メールに限ってもう少し正しく解説すると、jp国soom市saba郵便局
でもsoom市にはsaba郵便局しかないのだから、郵便局名は省略したい。
これに気が付かなかったのである。郵便局名をつけたら動作することが分かった。
それで省略できるように設定したら、動いた。

 さば缶にとってメール不正中継は一大事なので、不正中継確認サイトにお願いしてチェックするとスベテok。qmailより設定簡単。そうだったの。ここ数年で使いやすくなったのかな。乗り換え大成功。知らなかっただけ?(うふふ)。
これでC国やK国からの不正メールを遮断できれば女も喜ぶ(嬉しい)。

.

|

« さて次は | トップページ | 大地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メールを稼働させる:

« さて次は | トップページ | 大地震 »