« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月11日 (金)

さて次は

 これでwebサーバーとしての基本性能確保。(apache2・ftp)
残された課題は、cgi
・cgiの動作:掲示板など
・perl・php・pythonといったweb制作用言語のインストール:掲示板など
・sqlデーターベース。今回はやめにしようかな。前回はブログで使用
・メール:今まではqmailを使っていたけど、今度は標準のsenndmailに挑戦

だんだんサーバらしくなってきた。
結局cgiはまだ手を付けていない。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

ubuntsあきらめ

パソコンが戻ってきた。思ったより早い修理だった。パソコンのトラブルはこれでお仕舞にして欲しいものだ。

 ubuntsを諦め、またFreeBSD に戻るとして、無線LANの成功例を検索。自分の使用条件では失敗例しか出てこない。
Windows用のドライバ(***.infと****.sysを使う)を入手してFreeBSD用にndisgenで再構築。
無線LANは相変わらず使えない。やはり使えるLANボードを挿して、ハードディスクは無理やり詰め込むしかないのか。

 2.5インチハードディスクなら楽勝で入るが、やはり3.5インチにこだわる。かつて2.5インチを使用していたとき、2台とも1年前後で壊れた。
サーバーは24時間365日連続稼働させるので、また1年で壊れるのはいやだ。

 ふと思いついて(思いつくのが遅すぎ)、マザーボード添付のCDにドライバが入っていないか探す。
Windows XP用の***.infと****.sysを見つけた。
ndisgenは今まで使用したことがないので過程がよくわからない。
エラー・メッセージを注意してみると行番号らしき数字が。
その行番号を参照するとjumbo frame と言うコメントがある。jumbo frameとは高速大量転送のためにパケットを大きくする技術だ。
無くても標準サイズで動作するはずなので、まあ今回は不要でいい。
エラー行の先頭に#をつけてみる。#から後ろはこの世界では一般にその行が無効になる。
もう一度実行するとエラー行が変わった。また#を付ける。10回くらい作業を繰り返したらエラーがなくなった。

 そして、目的の***.koが出来た。
ひょっとして、うまくいった?(小うふふ)
出来たドライバを読み込ませてみる。お、読んだぞ。
起動時に読み込むようにセットする。
再起動後して確認コマンドを入れる(ifconfig)。何か新しいLANがついている。
おそるおそるLANケーブルをつなぎルータ相手にpingを叩いてみる。やったね。ルータから返事がきた。(うふふ金星)。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

パソコン入院

 このブログを書いているパソコンは、まだ使用開始後2か月たたない。
キーボードの特定のキー13個が入力不能になった。

 思えば兆候はあった。パスワードが通らなくて、タイプミスかと再度入力したり、ブラウザのコントロール+が効かなかったり。
そしてはっきり症状があらわれ、翌朝サポートに電話した。電気製品でサーポートに電話したことなどなかったのに。
キーボードコネクタの接触不良と思ったが、サポートのいう通り操作していたら動作するではないか。

 翌日とあるソフトを使った直後に症状がでた。サポートに言われたことを繰り返したら治った。
これはとあるソフトの問題かと思ってしまった。でも違うときに再発し「サポートの手順」では回復しなくなった。
「サポートの手順」はただ単にその時の状態を確認しただけで、やはり何もしたわけではないのだ。

 再度電話して入院決定。

これも「とほほ。」だな。
USBキーボードを買ってきて、今書いている。


.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

OSを選ぶ

 OSと言ったら何が思い浮かぶだろうか? 「コンピュータのあれでしょう。」
OSはいっぱいある。Windowsの前はMS-DOS。CPMとかOS9もあったし。OSがのっていないパソコンもあった。
マイサーバには今まではFreeBSDと言われるunix系のフリーのOSを使っていた。
理由としては、サーバとして使えるものとして、Windows・linux・FreeBSDのなかではWindowsは有償なのでペケ。
microsoft系以外のOSを使いだしたとき、所有しているパソコンではFreeBSDしか使えなかったから。

 インストールだけは何度もやっている。使い道がないまま何度も何度もインストールしたものだ。
今回もサクっと、と思ったらLANのインタフェースがない。これじゃ使えない。無線LANも使えない。

 事前の実験でubuntsというlinuxなら無線LANが使えるし、webサーバの核になるapacheも普通に使えることが解っていたのでubuntsを試してみる。LANはOK。ApacheもOK.。順調。
次は、PCからサーバにファイルを転送するftp。ここでまいった。
ftpは動いた。でも。サーバは通常誰も使っていなくても動作していなくてはならない。
ところが、logoffすると電源が入っていてもftpが使えなくなるのである。
調べてみたが、解決しない。絶対に解決方法はあるはずなのだが。

とほほ。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »